検査受託項目一覧
<リンパ球系腫瘍>
コード
項 目 名
細胞診
検 体
(病変部:異常なリンパ球を含む部位)
検査方法
報告日数
イヌ
T細胞レセプターγ鎖+免疫グロブリンH鎖再構成
(T細胞+B細胞クローナリティー)
組織(米粒大;生食に浮遊)細胞(1〜2mlの生食が濁る程度)全血(EDTAまたはヘパリン);2.0ml
PCR
検体受取から
5〜7日以内
イヌ
リンパ球表面マーカーT・Bセット
(CD3、CD4/CD8、s-IgG/CD21)
組織(小豆大)
細胞(1〜2mlの生食が明らかに濁る程度)
全血(EDTAまたはヘパリン);2.0ml  *1
FCM
検体受取から
3日以内
イヌ
T細胞レセプターγ鎖 +免疫グロブリンH鎖
再構成 + リンパ球表面マーカーT・Bセット
(G0003+F0006)
F0006に準ずる
PCR+FCM
検体受取から
5〜7日以内
ネコ
T細胞レセプターγ鎖 +免疫グロブリンH鎖再構成 (T細胞+B細胞クローナリティー)
組織(米粒大;生食に浮遊)
細胞(1〜2mlの生食が濁る程度)
全血(EDTAまたはヘパリン);2.0ml
PCR
検体受取から
5〜7日以内
<治療薬選択>
コード
項 目 名
細胞診
検 体
(病変部:異常なリンパ球を含む部位)
検査方法
報告日数
イヌ c-kit遺伝子変異(エクソン8・9・11)
組織(米粒大;生食に浮遊)
細胞(1〜2mlの生食が濁る程度)
PCR 検体受取から
5〜7日以内
ネコ c-kit遺伝子変異(エクソン8・9)
組織(米粒大;生食に浮遊)
PCR/PCR-RFLP
イヌ MDR1遺伝子変異
細胞(1〜2mlの生食が濁る程度)
全血(EDTA/ヘパリン);1.0ml/他検体;応相談
PCR
G0027
イヌ メチシリン耐性ブドウ球菌遺伝子検査(mecA遺伝子検査) ブドウ球菌同定検査 薬剤感受性試験
シードスワブ リアルタイムPCR定性・ 菌培養
<感染症>
コード
項 目 名
細胞診
検 体
(病変部:異常なリンパ球を含む部位)
検査方法
報告日数
G0005
ネコ
ヘモプラズマ(ヘモバルトネラ)
全血(EDTA/ヘパリン);1.0ml リアルタイムPCR(定性)*2
検体受取から
4〜5日以内
イヌ バベシア・ギブソニ
全血(EDTA/ヘパリン);1.0ml
G0007 *4
ネコ
ネコヘルペスウイルスI型(FHV-I)
拭い液*3 リアルタイムPCR(定性)*2
G0008 *4
ネコ
ネコクラミジア(Chlamydophila felis)
拭い液*3 リアルタイムPCR(定性)*2
イヌ イヌジステンパーウイルス(CDV)
全血(EDTA);1.0ml -ヘパリン不可-/糞便;1.0g
脳脊髄液;0.5ml/咽頭・結膜拭い液*3
リアルタイムPCR(定性)*2
G0022 *4
ネコ
マイコプラズマ・フェリス(Mycoplasma felis)
拭い液*3 リアルタイムPCR(定性)*2
G0023 *4
ネコ
気管支敗血症菌(Bordetella bronchiseptica)
拭い液*3 リアルタイムPCR(定性)*2
G0024
イヌ/ネコ パルボウイルス/ネコ汎白血球減少症ウイルス
糞便/全血;1.0ml リアルタイムPCR(定性)*2
イヌ/ネコ 皮膚糸状菌
拭い液*3、被毛 リアルタイムPCR(定性)*2
G0026
イヌ ニキビダニ(毛包虫)定性検査
掻爬(皮膚)、被毛 リアルタイムPCR(定性)*2
ネコ
ネコカリシウイルス(FCV)
拭い液*3 リアルタイムPCR(定性)*2
ネコ
ネココロナウイルス(FCoV)
全血(EDTA);1.0ml -ヘパリン不可-
腹水/胸水/脳脊髄液;1.0ml
リアルタイムPCR定量
ネコ
リアルタイムPCR(定性)*2
ネコ
ネコ白血病ウイルス(FeLV) 
全血(EDTA) ;1.0ml  -ヘパリン不可- リアルタイムPCR定量
ネコ ネコ白血病プロウィルス(proFeLV)
リアルタイムPCR定性
ネコ
ネコ免疫不全ウイルス(FIV)
全血(EDTA) ;1.0ml  -ヘパリン不可- リアルタイムPCR定量
ネコ ネコ免疫不全プロウイルス (proFIV)
リアルタイムPCR定性
ネコ
FCoV・proFeLV・proFIV
全血(EDTA) ;1.0ml  -ヘパリン不可- リアルタイムPCR(定性)*2
G0028
イヌ
レプトスピラ
尿、精液、拭い液(泌尿生殖器 リアルタイムPCR定性
G0029
イヌ
イヌコロナウィルス(CCoV)
糞便(小豆大)、拭い液(咽頭、結膜) リアルタイムPCR定性
G0030
ネコ
トキソプラズマ 
糞便(小豆大)、 脳脊髄液(0.5-1.0ml)、  組織(米粒大) リアルタイムPCR定性
G0031
ネコ
血液パネル(ヘモプラズ、FCoV、proFeLV、proFIV)
全血(EDTA)0.5-1.0ml -ヘパリン不可- リアルタイムPCR定性
G0037
イヌ
バベシア/レプトスピラ
トリ
オウム類嘴羽毛病ウィルス:PBFDV
全血(EDTA/ヘパリン):数滴
羽毛: 2〜3本
糞便: 小豆大
拭い液: クロアカ、咽頭
いずれか1点、または混合
リアルタイムPCR(定性)
検体受取から
4〜5日以内
トリ
トリポリオーマウィルス:APV
(セキセイインコ雛病:BFD)

全血(EDTA/ヘパリン):数滴
羽毛: 2〜3本
糞便: 小豆大
拭い液: クロアカ、咽頭
いずれか1点、または混合
リアルタイムPCR(定性)
トリ
鳥クラミジア(オウム病)
<遺伝病> 
G0032
イヌ
運動誘発性虚脱(EIC)
全血(EDTAまたはヘパリン);0.5ml
または、口腔粘膜スワブ PCR 検体受取から
5〜7日以内
PCR 検体受取から
5〜7日以内
G0033
イヌ コリー眼異常(コリーアイ、CEA)
全血(EDTAまたはヘパリン);0.5ml
または、口腔粘膜スワブ
PCR 検体受取から
5〜7日以内
G0034
イヌ 進行性網膜萎縮症(PRA
全血(EDTAまたはヘパリン);0.5ml
または、口腔粘膜
PCR 検体受取から
5〜7日以内
G0035
イヌ セロイドリポフスチン症(CL)
全血(EDTAまたはヘパリン);0.5ml
または、口腔粘膜
PCR 検体受取から
5〜7日以内
イヌ イヌ変性性脊髄症(DM)
全血(EDTAまたはヘパリン);0.5ml
または、口腔粘膜
PCR 検体受取から
5〜7日以内
G0043
イヌ 巨大血小板性血小板減少症
全血(EDTAまたはヘパリン);0.5ml
または、口腔粘膜
PCR 検体受取から
5〜7日以内
G0044
ネコ
遺伝性肥大型心筋症
全血(EDTAまたはヘパリン);0.5ml
または、口腔粘膜
PCR 検体受取から
5〜7日以内

*1 リンパ球表面マーカー解析は、新鮮で生きた細胞がある一定量以上必要になります。検体は可能な限り多く採取してください。
また、採取翌日に確実に当社に届くよう手配して下さい(翌日の午前中着指定で宅配便をご利用いただくのが最適です)。

*2 「リアルタイムPCR」はホフマン・ラ・ロッシュ社の特許です。当社は、正式にライセンスを受けています。

*3 未使用の綿棒で病変部を拭い、綿棒の先端を2.0mlの生理食塩水の中に切り落として下さい。

*4 4つの病原体の中から、ご希望の組み合わせで検査できます。

*5 G0015-2 (定性検査)が終了後、同一検体を用いG0015-1 (定量検査)を行なうことが出来ます。


<検体採取に関する注意点>
(1) 検体はきれいな容器に入れ、冷蔵で保管して下さい(弊社に直送する場合は冷蔵便をご利用下さい)。
検体中で雑菌が繁殖すると検査が阻害されます。

(2) 長期間(数週間〜数ヶ月)検体を保存する場合には、冷凍して下さい(感染症は除く)。 ただし、リンパ球表面マーカーT・Bセットを含むF0006とGF0001は、冷凍すると検査はできません(裏頁*1参照)。

(3) ホルマリン固定は検査を阻害します。当社の古い資料には「ホルマリン固定も可」とありますが、必ず生理食塩水に浸して下さい。

(4) 細胞診用のスライド標本(風乾・アルコール固定・染色済・封入済)から検査が可能です。ただし検体量が足りなくなる場合があります。可能な限り余分にお送り下さい。 リンパ球表面マーカーT・Bセットを含むF0006とGF0001は、スライド標本から検査はできません(裏頁*1参照)。

(5) 検体は病変部(腫瘍細胞が存在する・感染が疑われる)から採取して下さい(MDR1は除く)。例えば、リンパ腫であっても血液中には異常なリンパ球が出現していない場合、血液を用いてリンパ球系腫瘍の検査を行っても、「異常なし」と判定されます。ご注意下さい。

(6) 弊社に届いた検体で、量が足りない等の問題がある場合には、検査開始前に先生にご相談させていただきます。この段階では検査費用は発生しません。

<依頼に関する注意点>
(1) ケーナインラボでは、依頼前の病院様の登録等は必要ありません。検体をお送りいただいた時点で、登録となります。

(2) 細胞診のみの検査は、行っておりません。ご了解下さい。

(3) 細胞診とのセットのご依頼の場合、遺伝子検査用の検体の他にスライド標本と細胞診依頼書が必要になります。
スライド標本は、風乾、アルコール固定、染色済、封入済、いづれの段階で止めていただいても結構です。必要な処理は当社で行います。
お送りいただく際には、検体・スライド標本・依頼書・細胞診依頼書の4点が揃っていることをご確認下さい。

(4) 依頼にはケーナインラボ専用の検査依頼書をご使用下さい。モノリスの依頼書とは異なります。ご注意下さい。

(5) 感染症の検査結果報告は検体を受取りから4〜5日以内となりますが、細胞診とのセットの場合には5〜7日以内となります。

<検体の集荷および送付について>
(1) (株)モノリスが、(株)ケーナインラボの検体を集荷します。集荷地域の場合、モノリスに連絡し集荷を依頼して下さい。
モノリスの集荷範囲外の場合、(株)ケーナインラボに冷蔵便で直送下さい。送料はご負担下さい。

2) 直送の場合、翌日午前中着でお送り下さい。午後着になると、翌日着扱いとなる場合があります。
地域によっては午前中に着かない場合があります。その場合はなるべく早く到着するよう手配して下さい。

(3) モノリスは検体の回収のみとなります。検査報告・請求等は(株)ケーナインラボが行います。





Copyright (C) 2010 canine-lab Corporation. All Rights Reserved.
著作権は、株式会社ケーナインラボにあります。
掲載の文書、写真、イラスト、動画等を、無断で転用および転載することは一切禁じます
株式会社ケーナインラボ
TEL: 042-401-2291(代表)FAX : 042-382-7384(共通)