感染症
コード:: G0006


遺伝子検査で貧血の原因となる病原体を高感度に検出!

・顕微鏡による観察で十分ですか。
・原因不明の貧血は続いていませんか。



ヘモプラズマ(ヘモバルトネラ)

検査では、リアルタイムPCR法を用い古くからに日本に蔓延している2株と、
近年新たに分離・同定され た1株の遺伝子を高感度に検出します。
遺伝子が検出された場合には、感染が明らかとなります

・Mycoplasma haemofelis (旧名:Ohio & Oklahoma strain )
・Candidatus Mycoplasma haemominutum (旧名:California & Birmingham strain )
・Candidatus Mycoplasma turicensis (新しい株)










Copyright (C) 2010 canine-lab Corporation. All Rights Reserved.
著作権は、株式会社ケーナインラボにあります。
掲載の文書、写真、イラスト、動画等を、無断で転用および転載することは一切禁じます
株式会社ケーナインラボ
TEL: 042-401-2291(代表)FAX : 042-382-7384(共通)